働き方改革とは?目玉法制を紹介します!

pickup!

どーも、わーずです!

 

「働き方改革」

今、政府が関連法案を成立させ、推進している改革ですが、具体的にどう変わるの?という方も多いと思ったのでまとめてみました!

わーず
わーず

早めに確認しておこう!

2019年4月からこう変わる!

時間外労働の上限規制導入

「今までは上限が無かったの!?」と思った方も少なくないでしょう・・・

今までは、36協定に関する厚生労働省の告示で「原則月45時間以内かつ年間360時間以内」と定められているものの、法律に書いてある訳ではなく、さらに、特別条項の規定により、例外が認められていたため、

 

実質の残業は青天井(上限はなし)の状態でした。

 

では、2019年4月から時間外規定はどう変わるのか??
天井が無しから、ありになります!
ただし、かなり高めの天井になります。
ジーヴォシグマです。

 

4月からは
年間720時間、単月で100時間未満、複数月の平均が80時間未満
という上限が設けられます。
とっても天井が高くて、住みやすそうなお家ですね(笑)
この基準は、明らかに過労死ラインを意識した基準です。
経団連の「労働時間は減らしたくないけど、せめて過労死だけは減らそう」という臆病で、時代錯誤の考え方が時間外規制に大きなブレーキをかけています。

 

ちなみに政府は、将来的には時間外労働を月60時間までとしたいと考えています。

よって、今回の上限規制は、有識者会議等で経団連の思惑が大きくはたらいたのでは?と個人的には推測しています。

中小企業は2020年4月からの上限規制になりますのでご注意を
わーず
わーず

注意したいのが医師・建設業・新技術開発業・ドライバーの人

これらの職種の人は、規制が目安として2024年まで猶予されるから大変だね・・・

有給の取得を推進

こちらも2019年の4月からスタートになります。

使用者は、10日以上の有給休暇を付与している労働者に対し、5日は時期を指定して取得させることが必要になりました。

ただし、指定する時期は可能な限り労働者の意向を尊重することとされています。

 

分かりやすく言うと、最低でも5日の有給消化は保証されていますが、消化時期の最終決定権は使用者側にあるということです。

 

これに関しては法改正により損をする人も出てくると思います。

今まで5日くらいは有給を消化できていたという人は損をするでしょう。なにせ5日間は自分の意向と異なる時期に有給を指定される可能性があるのですから・・・

逆に有給なんて絶対無理だった( ;∀;)という方には朗報ですね!(たぶん時期指定はされるでしょうけど、休みは増えます)

 

結果的に、

有給取得率(数字)は上がるが、

内容は伴わない可能性が出てくるはずです。

 

日本の休暇に対する考え方は、まだまだ発展途上なのです(;’∀’)

わーず
わーず

有給は労働者の権利!積極的に取ろう!

同一労働同一賃金の法定化

同一労働同一賃金とは、同じ仕事をしているなら、同じ給料を受け取るのが妥当という考えです。これにより、同じ会社に所属する正規雇用と非正規雇用の不合理な賃金格差・待遇格差を無くすことができます。

 

 ここでポイントなのは「不合理」というキーワードです
例えば、仕事内容は同じで、職務経験も同じ、能力的にも差は無いと判断されるのに、非正規雇用というだけで、正社員よりも時給換算で明らかに低いお給料が支給されている場合は「不合理」とみなされます。
しかしながら、同一労働同一賃金に関して、裁判などの前例が極めて少ないことから、どれくらいの差があれば「不合理」かは、まだまだ不透明なところがあります。

 

この不合理な賃金等格差の禁止は、2020年4月(中小企業は2021年4月)から始まります。

あと、個人的には、同一賃金は達成できても、同一労働は難しいという職場も出てくると思ってます。なぜなら、労働の内容に関しては各職場の管理職に委ねられているところが多いので、外からチェックできないという点があるからです。特に医療や教育、福祉の現場では、労働者1人のタスクが「コレ」と設定されている訳ではないので、線引きが難しいのでは?と思っています。

 

つまり何が重要になるかと言うと、

 

労働者1人ひとりが「同一賃金同一労働」について理解し、もし不当な扱いを受けたときに、異を唱える準備をしておくこと
わーず
わーず

非正規労働者の増加が背景にあるよ!

最後に

今回の記事では、いわゆる働き方改革での目玉だけをピックアップしてみました。その他の内容については、気になったものを後日またご紹介したいと思います!

【参考】
厚生労働省HP「働き方改革の実現に向けて」
その他、政府国会答弁より

コメント

  1. […] https://wordsm.com/y/ ブラック シェアする Twitter Facebook はてブ Google+ Pocket LINE […]

タイトルとURLをコピーしました