新社会人の方へのアドバイスです

pickup!

多くの大学や高校で卒業式シーズンをむかえ、いよいよ春から会社員デビューするという方にむけて個人的なアドバイスを書きました。

上司ガチャは運ゲーです

会社員として働くうえで、3月から気になってそわそわしちゃうのが「自分の上司がどんな人か」ですよね。
結論から言いますが、自分の上司がどんな人になるかは完全に運ゲーです。
まさに上司ガチャです。
ガラガラポンしてイケメンor美女の優しいスーパー上司がでてくることもあれば、ハラスメントと残業が大好きなオッサン上司が出てくることだってあります。

早めの段階で自分の上司の力量をはかっておくことをおすすめします。
でも社会人経験がないと、なかなか力量をはかるにもどんなポイントに着目すればいいかわからないと思います。
そこでオススメしたいのが、「友達の会社の上司と比べてみる」ということです。
業界や会社が違っても構いません。とにかく比較材料があれば、自分の上司の相対的な評価ができるようになるので、友達とは頻繁に連絡をとりあった方がいいです。

サビ残はしなくていいです

おそらく日本のほとんどの会社に多かれ少なかれサービス残業の習慣はあると思います。
が、賃金が発生しないなら仕事をすべきではありません。
これについては過去に記事↓を書いてますので参照ください(__)
サービス残業を絶対したらダメな理由

飲み会は断ってもいいです


お酒の席が好きな人なら飲み会は苦ではないと思いますが、そうでない方は適度に断っていいと思います。
飲み会も仕事のうちだぞ」なんて昭和の価値観を押し付けられるかもしれませんが、安心してください。

飲み会は仕事ではありません(笑)
あほちゃうか、と心の中で笑って、
適度に参加して適度に欠席しましょう。

社会人になったからといって嫌なことを我慢するのは、完全に損してますね。
無理のない範囲でお付き合いをしてください。

副業はすべきです


昨年になり政府が会社員の副業解禁を奨励しました。これにより今まで就業規則等によって禁じられていた副業ができるようになった人も多いと思います。
この副業解禁の奨励の背景には、「経済の活性化」という目的もありますが、政府の本音は「自分の資産は自分で守ってね」だと思います。

少子高齢化によって国民ひとりあたりが支えなければいけない高齢者の人数がどんどん増えています。その結果、年金・税金・公的保険料が急速に増加しています。
一説によると国民年金は2037年に積み立て金が枯渇、厚生年金は2033年に積み立て金が枯渇するそうです。
積み立て金がなくなるということは、現役世代が払ってくれるお金からしか、年金が支払われないということです。

こうなってくると皆さんが年金をもらう年齢になる頃には、年金額の大幅なカットや完全な賦課方式への移行、場合によっては年金制度そのものの廃止だって考えられます。

もはや国を頼れない時代が差し迫っているのです。
ここまでくると自分の資産は自分で守るしかありません。
大変なことのように聞こえますが、インターネットが普及した今、副業をやることのハードルはかなり下がっています。

・ブログやYouTubeチャンネルの運営
・アフィリエイト等のネットビジネス
・プログラミング業務の受注
・株やFX等の資産運用

これらは全て明日から始められる副業です。
特にYouTubeなんかは、これから5G8Kの時代が来るので、今はじめればビッグウェーブにのれるチャンスかもしれませんよ。
※株やFX等の投資を副業としてやるなら少額でやった方がいいです。兼業の投資家だと暴落時にすばやく売り対応ができないので・・・

勉強は続けた方がいいです


僕は今株式投資で生計をたてていますが、その前は普通に会社員として働いていました(1年ちょいでしたが・・・)
社会人を経験して驚いたことですが、勉強をする人が極端に少ないです。
最低でも自分の業界に関する本くらいは月1冊以上は読まないと、トレンドが読めないし一流の仕事はできないと思うのですが・・・

自分の仕事の業界研究をしていれば、会社の業績予測だって個人でできるようになります。勉強をすることで「今の会社にとどまるべきか転職すべきか」も見えてきます。

固定費は下げるべきです

新卒入社だとお給料も低く、ぜいたくな生活ができない人が多いと思います。
「副業はすべきです」の章で解説したように、これからは「自分の資産は自分で守り育てる時代」になります。
そうなってくると月々の固定費の見直しは必須です。

・格安SIM
・賃貸家賃の見直し、実家暮らし、シェアハウス
・保険の解約
・マイカーからカーシェアへ

日本は「物価は上がれど賃金上がらず状態」なので、収入の少ない若い世代ほど固定費の見直しはやるべきだと思います。

10万円稼ぐのと、10万円節約することは同じことです。

合わないと感じたら独立もアリです

会社員なら価値観テロは避けて通れません
↑の過去記事でも触れましたが、
会社員である以上は他者と共に働かないといけません。しかしながら価値観が合わなすぎて“話にならない”ことだってあります。

それがストレスで病んでしまう人だって少なくないです。

・好奇心が旺盛
・命令されるのが嫌
・決まったルーティーンワークが嫌
・疲れたときは無理しないタイプ
・他人と考え方が合わないことが多い

これらに当てはまっていると会社勤めではなく個人で稼いだ方がいいかもしれません。
参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました